記憶味屋

あなたの大切な記憶を味わいに行きませんか。

ふと入った飲み屋に、何故か自分の予約席がある。
メニューもないし、頼んでもないのに、女店主はせっせと何かを作っている。

「お客様への一品はご用意しております。」

不思議に思ったが、出された一品を食べた瞬間、
忘れられない記憶たちが一気に蘇りはじめた。
24h.ポイント 0pt
0
小説 183,832 位 / 183,832件 ライト文芸 7,355 位 / 7,355件