Sランクの年下旦那様は如何でしょうか?

 職場と自宅を往復するだけの枯れた生活を送っていた白石亜子(27)は、
帰宅途中に見知らぬイケメンの大谷匠に求婚される。
 二日酔いで目覚めた亜子は、記憶の無いまま彼の妻になっていた。
 彼は日本でもトップの大企業の御曹司で・・・。

 無邪気に笑ったと思えば、大人の色気で翻弄してくる匠。戸惑いながらもお互いを知り、仲を深める日々を過ごしていた。

このまま、私は彼と生きていくんだ。

そう思っていた。

彼の心に住み付いて離れない存在を知るまでは。


「どうしようもなく好きだった人がいたんだ」


 報われない想いを隠し切れない背中を見て、私はどうしたらいいの?

 代わりでもいい。
 それでも一緒にいられるなら。

 そう思っていたけれど、そう思っていたかったけれど。


 Sランクの年下旦那様に本気で愛されたいの。

―――――――――――――――


ページを捲ってみてください。
貴女の心にズンとくる重い愛を届けます。

【Sランクの男は如何でしょうか?】シリーズの匠編です。
24hポイント 14pt
小説 28,899 位 / 140,695件 恋愛 13,347 位 / 43,595件