お前の唇に触れていたい

彼は自他共に認める、脳外の若き天才医師、橋元総司。
実はゲイの橋元は、ボサボサの髪に無精髭。脳外科医として多忙を極めていた。
そんな橋元が担当している患者の家族、久遠礼央は、美しい容姿で魅力的な唇の持ち主。
橋元は礼央の存在を知ってから、何か心に響く物を感じる。
そしてその礼央も実は、幼い頃から自分はゲイである事を自覚していた。

仕事に追われ本気の恋を忘れた男と、少しずつ心を開いていく青年のラブストーリー。

※時系列は『あなたの指先で触れられたい』の前の年のお話です。
24hポイント 7pt
小説 34,709 位 / 139,849件 BL 7,401 位 / 15,805件