王太子は蛮族の乙女に恋をした~浮気の冤罪で追放されてしまった王子ですが、辺境の女騎士を愛したのでもう元婚約者に心は動かされません~

カイル・ロックウェルはクロム王国の王太子であったが、今現在辺境の地『モリス』で魔獣を狩る生活をしている。何故王太子である彼がこのような地に追いやられているのか人々は噂したが、辺境伯の娘であるシャノンは特に気にせずにカイルに接してくれていた。ある日モリスに王都から突然使者がやってくることになる。いったい王都で何があったのかたずねるシャノンにカイルは「俺は他の女性にうつつを抜かして婚約者をないがしろにし、難癖をつけて婚約破棄を言い渡した」と告げた。そしてやって来たジェイミソン侯爵はカイルの元婚約者、ホリィ・ゴールズワージー公爵令嬢の今の恋人で、カイルに王太子の座を降りろと要求してきたが……。『小説家になろう』『カクヨム』にも投稿しています。
24hポイント 21pt
小説 19,138 位 / 124,586件 恋愛 7,916 位 / 37,151件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

離婚したので冒険者に復帰しようと思います。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:75254pt お気に入り:5199

婚約破棄の落とし穴 ~聖女は邪悪を感知できるんです~

恋愛 / 完結 24h.ポイント:14pt お気に入り:6

私を追い出すのはいいですけど、この家の薬作ったの全部私ですよ?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:71562pt お気に入り:11682