永遠の生命と想い出の花園 〜鷹華キャラシナリオ〜

ある超大手製薬会社の社長には1人娘がいた。彼女の名前は天音 鈴(あまね りん)。幼い頃に母を亡くした鈴は広い屋敷のなかで1人寂しく父親の帰りを待つだけの日々を送っていた。

...ある日一人の召使いが雇われるまでは。

召使いの女性と打ち解けた鈴は屋敷の庭園で花を摘んでいるとき、いままでに感じたことのない温かい気持ちに包まれた。そしてこう、不意に呟いたのだ。

『あぁ、この楽しい時間がずっと続けばいいのに 』

...これは鷹華の出会いと友情の物語。

<登場人物>

天音 鈴 …私。本作の主人公。ポジティブは正義。

召使いさん ...鈴の家の召使い。物語のキーマン(かもしれない)。ハイスペック。

天音 樹(いつき)…お父様。鈴の父親。偉い。


<作者あとがき>
※本編読破後にお読みください。

本作品を閲覧していただいて本当にありがとうございます!3話あたりから急展開に次ぐ急展開で申し訳ないです(>人<;)特に鈴ちゃんには謝らないといけませんね……

さて、人生初めて小説というものを書いてみたわけですが、10000文字という字数制限がきつくて思い通りに話が展開できなかったですorz

この作品は『虚構少女-E.G.O-』という近日リリース予定のソーシャルゲームのあるキャラのシナリオを決めるためのコンテストに応募させていただくために書かせていただいた作品です。ウェブページで概要をご覧になりましたか…?資源が枯渇した世界で、過去に存在した美麗な女の子の人格をインストールした兵器を指揮して戦う…という内容でしたね。世界観から引き込まれる設定だと思います!

さて、私はこのアプリはおそらく若い男性ユーザーがメインターゲットになると思っています。

なので、ヒロインの過去編で、主人公以外の彼氏がいたら嫌かなぁ?と、恋愛ものは避けて、今回書いたような友情もので攻めていこうと思いました。(といってもあまり上手くは書けませんでしたがorz)

以上、作者の言い訳…もとい自己PRでした!ここまでのご閲覧ありがとうございました。お気に入りとかコメントとかして頂けると泣いて喜びます(^ω^)

最後になりますが、次の言葉を本作品の結びとさせていただきたいと思います。

『生命は限りあるものである。それ故に限りなく美しいものだ。永遠に輝くよりも一瞬の輝きを… 』

※余談ですが、各話のタイトルにも遊び心を加えてみました!最終話以外の4話にはそれぞれ「花鳥風月」の文字が一文字づつ使われています!最後にタイトルをもう一度見て頂けると嬉しいです
24hポイント 0pt
小説 73,997 位 / 73,997件 キャラ文芸 1,854 位 / 1,854件