だが剣が喋るはずがない

 芦屋堂馬は剣術と温州みかんをこよなく愛好する以外は量産型の男子高校生。ある秋の晩に刀を持った頭のネジの緩そうな少女に襲われ、返り討ちにする。
 図らずも手に入れた刀を持った時、剣の声が響いてきた!
 "どうだ。この娘っ子、斬ってみるか?"
 だが剣が喋るはずがない。鞘に納めて家に帰った。
 "いや、聞こえるだろ!?なあ!"
 その日から堂馬の周りには奇っ怪な出来事が次々と降りかかる。だが何があろうとも、剣が喋るはずがない。
 "話してるじゃん!おーいきーこーえーまーすーかっ!"
 剣術伝奇ここに開幕。

 なろうにも連載しています。
24hポイント 28pt
小説 10,640 位 / 60,286件 ライト文芸 231 位 / 2,416件