パーティ追放されたので、のんびりと薬屋さんを始めました~私のお店に王子様が来店してくれます~

色んな回復アイテムを生み出せるエメラダは、冒険者パーティ内で生命線として活動をしていた。しかし……

「新しい支援役が出来たから、お前は不要だ。消えろ」

パーティのリーダーから一方的に追放されてしまった。新しい支援役の女性はどうやら、リーダーの恋人の模様。支援役は何人居ても困らないはず、とエメラダは言ったが、以前にリーダーからの告白を断っていたという理由を明かされ、嫌がらせとして追放されてしまう。

仕方がないので、エメラダは冒険者を引退し、薬屋として自分の能力を活かすことにした。これが大繁盛し、王子様の耳にも届くことになる。そして、王子様の支援を受けられるようになり、国一番の薬屋としての道を歩むのだった。

ところで、エメラダを追放したパーティは新しく入った支援役の能力不足もあり、どんどん衰退していくことになる。
24hポイント 28pt
小説 19,135 位 / 128,618件 恋愛 8,511 位 / 38,402件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約破棄は夜会でお願いします

恋愛 / 完結 24h.ポイント:213pt お気に入り:5340

婚約破棄された令嬢は幸せを願う

恋愛 / 完結 24h.ポイント:56pt お気に入り:1607

お飾りの妻、と言われたので一発殴ることにしました

恋愛 / 完結 24h.ポイント:11026pt お気に入り:147

【完結】王子への罰として婚約させられました!

恋愛 / 完結 24h.ポイント:39633pt お気に入り:526

チートなタブレットを持って快適異世界生活

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:5807pt お気に入り:13205

婚約破棄を受け入れたのは、この日の為に準備していたからです

恋愛 / 完結 24h.ポイント:1562pt お気に入り:4496