「役立たず」とパーティーから追放されて三年、収納魔法を開花させて成り上がった俺が知ったところで今さらもう遅い!

冒険者パーティーでサポーターをしていたルンベックは突然リーダーのケントから追放処分を言い渡される。とくに特異なこともなく、唯一収納魔法しかできないルンベックは、それでも自分をあざ笑いながら追放したあいつらを見返してやると誓うのであった。これは有用な収納魔法で成り上がった末までの物語。

※ストレスフリーではないかもしれないので、読む場合は注意してください。
※この作品は別サイトにも掲載しています。
24hポイント 7pt
小説 28,740 位 / 127,531件 ファンタジー 5,237 位 / 32,611件