恋は大いなる下心なんです

職場の人間関係に心をすり減らしていた頼子。
見かねた母親に退職を勧められ、その友人の多美子の家でのんびり過ごしなさいと言われる。
多美子の家は山の中の田舎町。そこならきっと、療養に適しているだろうからと。
承諾した頼子は多美子の家に居候に行き、初恋の王子様、弘毅と再会する。
小学生以来に見た弘毅は、変わらず素敵な王子様だった。
「やっぱり、好き」
そう感じた頼子だが、弘毅の仕事がイラストレーター
いわゆる、萌え絵と言われる美少女を描いていると知って――。
24hポイント 7pt
小説 27,776 位 / 110,851件 恋愛 11,672 位 / 31,858件