片翼の天狗は陽だまりを知らない

静真は天狗と人の「混ざり物」だ。信じられるのは己の翼だけ。誰よりも天狗らしく誇り高く生きてきた。だというのに人間の娘、三池陽毬に出会ってから何かがおかしい。
突き放しても拒絶しても朗らかな彼女は、静真に問いかける。
「天狗さん、ご飯食べて行きませんか」と。
いらだち戸惑いながらも、怪我の手当ての礼に彼女と食事を共にすることになった静真は、彼女と過ごす内に知らぬ間に変わっていくのだった。
これは心を凍らせていた半妖の青年が安らいで気づいて拒絶してあきらめて、自分の居場所を決めるお話。
※カクヨム、なろうにも投稿しています。
※イラストはルンベルさんにいただきました。
24hポイント 42pt
小説 8,096 位 / 59,170件 キャラ文芸 118 位 / 1,412件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

余命1カ月〜僕の最後の学生生活〜

恋愛 / 完結 24h.ポイント:426pt お気に入り:8

婚約破棄をされた令嬢は、全てを見捨てる事にした

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:51149pt お気に入り:6435

深窓の令嬢は迷宮に狂う ~ハイエルフの姫にTS転生しちゃいました~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:334pt お気に入り:56