処刑された悪役令嬢は、時を遡り復讐する。

「このバイオレットなる者は王太子であるフェルトの婚約者でありながら、そこにいるミーア・アバズン男爵令嬢や隣国の王太子にロールアウト王国が禁止している毒薬を使って殺害しようとしたのだ。これは我が王家に対する最大の裏切り行為である。よって、これより大罪人バイオレットの死刑執行を行う」

そして、私は断頭台で首をはねられたはずだった

しかし、気づいたら私は殿下の婚約者候補だった時間まで時を遡っていたのだった……
24hポイント 99,010pt
小説 19 位 / 105,087件 恋愛 16 位 / 29,556件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約者の側室に嫌がらせされたので逃げてみました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:183201pt お気に入り:11395

家族に売られた令嬢は、奉公先で溶けるほど甘やかされてます。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:109829pt お気に入り:9160

消滅した悪役令嬢 

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:4231pt お気に入り:6960

奪い取るより奪った後のほうが大変だけど、大丈夫なのかしら

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:253506pt お気に入り:8356