庚申待ちの夜

江戸、両国界隈で商いをする者たち。今宵は庚申講で寄り合いがある。
乾物屋の跡継ぎの紀一郎は、同席者に高麗物屋の長子・伊織がいることを苦々しく思う。
伊織には不可思議な噂と、ある二つ名があった。
24hポイント 63pt
小説 10,889 位 / 111,406件 歴史・時代 112 位 / 1,403件