星の王子さま踊り子に恋をする


 ロレンツォは星空を見るのが大好き。そんな彼は空が明るくなるまで星を眺めて、昼間は寝てばかりの生活。

 勉学の時間も眠くて眠くて、なかなか勉強が進みません。

 そんな彼を貴族たちは『星の王子様』と呼んで馬鹿にしていました。

 ロレンツォにはヴァレリアというしっかり者の幼馴染がいました。ヴァレリアはロレンツォを会うたびにちゃんと勉強をするようにと注意してきます。
 ロレンツォはそんなヴァレリアが苦手でした。

 13歳になったロレンツォはある日、異国から来た踊り子のステージを見て心を奪われました。
 彼はその踊り子に恋をしたのです。

 このお話は、のんびり屋で勉強嫌いの王子さまが、恋を知り少し成長するお話です。

24h.ポイント 0pt
0
小説 187,169 位 / 187,169件 児童書・童話 3,417 位 / 3,417件

あなたにおすすめの小説

シスコン婚約者とはおさらばです。

火野村志紀
恋愛
伯爵令嬢シャロンには、悩みがあった。 それは婚約者であり、ホロウス侯爵子息のアランが極度のシスコンで、妹のエミリーを溺愛していること。 二人きりの時も、彼女の話ばかり。 さらにエミリーと婚約したクラレンスを敵視しているようだった。 そして夜会の時に事件が起こる。 「よくもエミリーの心を傷付けたな……お前との婚約は破棄させてもらう!」 ついにアランから婚約破棄を言い渡されてしまう。 しかも良からぬ噂まで広まり、落ち込むシャロン。 それでも何とか立ち直ろうとしていると、意外な人物がシャロンの前に現れた。 ※ツギクル様、なろう様でも連載しています。

愛する夫にもう一つの家庭があったことを知ったのは、結婚して10年目のことでした

ましゅぺちーの
恋愛
王国の伯爵令嬢だったエミリアは長年の想い人である公爵令息オリバーと結婚した。 しかし、夫となったオリバーとの仲は冷え切っていた。 オリバーはエミリアを愛していない。 それでもエミリアは一途に夫を想い続けた。 子供も出来ないまま十年の年月が過ぎ、エミリアはオリバーにもう一つの家庭が存在していることを知ってしまう。 それをきっかけとして、エミリアはついにオリバーとの離婚を決意する。 オリバーと離婚したエミリアは第二の人生を歩み始める。 一方、最愛の愛人とその子供を公爵家に迎え入れたオリバーは後悔に苛まれていた……。

ひっそり静かに生きていきたい 神様に同情されて異世界へ。頼みの綱はアイテムボックス

於田縫紀
ファンタジー
 雨宿りで立ち寄った神社の神様に境遇を同情され、私は異世界へと転移。  場所は山の中で周囲に村等の気配はない。あるのは木と草と崖、土と空気だけ。でもこれでいい。私は他人が怖いから。

スキル「糸」を手に入れた転生者。糸をバカにする奴は全員ぶっ飛ばす

Gai
ファンタジー
人を助けた代わりにバイクに轢かれた男、工藤 英二 その魂は異世界へと送られ、第二の人生を送ることになった。 侯爵家の三男として生まれ、順風満帆な人生を過ごせる……とは限らない。 裕福な家庭に生まれたとしても、生きていいく中で面倒な壁とぶつかることはある。 そこで先天性スキル、糸を手に入れた。 だが、その糸はただの糸ではなく、英二が生きていく上で大いに役立つスキルとなる。 「おいおい、あんまり糸を嘗めるんじゃねぇぞ」 少々強気な性格を崩さず、英二は己が生きたい道を行く。

ファントーシュ 私は魔法が使えない

かける
ファンタジー
アカネ・シズクノは小さいころから魔法が使えなかった。 自分はいつか魔女になるんだ。そう願わぬ願いを毎日信じていた。 ある日、アカネは師匠となる魔女と出会った。 アカネは魔女についていき、弟子となった。 物語はそうしたアカネが成長し、魔法使いとなったお話。

さよなら、私の愛しい人。

夜想曲
恋愛
ずっと決めていたことがある。 それは婚約者に好きな人がいたら潔く身を引く、ということ。 婚約者にいよいよ好きな人ができた為、さよならを告げた少女に、婚約者の彼は…。 ※はじめまして。読む専で登録していたのですが、萌が祟って久しぶりに書いてみました。 完全自己満足なので、拙い作品ですがお付き合い下されば幸いです。

「魔眼持ちは不気味だ!」と家を追い出されましたが新国王も魔眼持ちに決まったようです〜戻ってこいと言われても……もう王宮にいるから手遅れです〜

よどら文鳥
ファンタジー
※第二章までの主人公やヒロインの口調は完結させたあとに直しますが、第三章以降と口調が違っています。 性格は同じです。 「ようやく追放できてせいせいする」 「こんなクズ放っておこうよ」 「とっとと消えなさい。クズの親を持った自分を恨むことね」  実の父と義母、義弟から散々な言われようで、レイスは家を追い出された。  これはレイスの左目に宿る【魔眼】の影響だった。  魔眼による事故、事件のせいで魔眼の力は恐れられ、忌み嫌われていたのだ。  伯爵である父、バルスは古いしきたりを大切にするため、魔眼への偏見が強くあったのだ。  物心ついた頃から幽閉され、自立できる年齢になった途端追い出される。  絶望的な状況の中、今は亡き実母の言葉だけがレイスの支えになっていた。 ーー貴方のその綺麗な眼で、綺麗な世界を作ってね  そんな中魔眼持ちを押さえ込み続けた国王が急遽、魔眼持ちの第四王子を次期国王に指名した。  レイスにとって、新国王の即位は大きなチャンスだった。  一方魔眼持ちというだけで差別的な言動を繰り返してきた実家や大臣たちは窮地に追い込まれることになり……。  これは忌み嫌われた魔眼持ちの少年と王が、世界を少しずつ綺麗なものにしていくための物語。 ※本作品は共著となっています プロット担当 すかいふぁーむ 執筆担当 よどら文鳥 ※なろう小説でも投稿しています

異世界へ誤召喚されちゃいました~女神の加護でほのぼのスローライフ送ります~

モーリー
ファンタジー
⭐︎第4回次世代ファンタジーカップ16位⭐︎ 飛行機事故で両親が他界してしまい、社会人の長男、高校生の長女、幼稚園児の次女で生きることになった御剣家。 保険金目当てで寄ってくる奴らに嫌気がさしながらも、3人で支え合いながら生活を送る日々。 そんな矢先に、3人揃って異世界に召喚されてしまった。 召喚特典として女神たちが加護やチート能力を与え、異世界でも生き抜けるようにしてくれた。 強制的に放り込まれた異世界。 知らない土地、知らない人、知らない世界。 不安をはねのけながら、時に怖い目に遭いながら、3人で異世界を生き抜き、平穏なスローライフを送る。 そんなほのぼのとした物語。