槍の又左、傾いて候

戦国時代、尾張国に『槍の又左』と渾名される槍の名手がいた。
名は前田又左衛門利家。
織田信長の馬廻衆として、赤母衣衆として仕えた彼は義理の甥・前田慶次に負けぬ傾奇者であった。

これはその彼の愛と苦悩の物語。

*この物語はフィクションです。
*ムーンライトノベルズでも公開しています
24hポイント 21pt
小説 11,987 位 / 59,123件 歴史・時代 141 位 / 751件