勝手にしろと言われたので、勝手にさせていただきます

子爵家の私は自分よりも身分の高い婚約者に、いつもいいように顎でこき使われていた。ある日、突然婚約者に呼び出されて一方的に婚約破棄を告げられてしまう。二人の婚約は家同士が決めたこと。当然受け入れられるはずもないので拒絶すると「婚約破棄は絶対する。後のことなどしるものか。お前の方で勝手にしろ」と言い切られてしまう。
いいでしょう……そこまで言うのなら、勝手にさせていただきます。
ただし、後のことはどうなっても知りませんよ?


* 他サイトでも投稿
* ショートショートです。あっさり終わります
24h.ポイント 1,015pt
3,121
小説 1,219 位 / 185,671件 恋愛 610 位 / 56,322件