ヤンデレ悪役令嬢は僕の婚約者です。少しも病んでないけれど。

「うげっ?!」

 第6王子たる僕は、ミーヤ=ダーネスト公爵令嬢を見た瞬間、王子らしからぬ悲鳴を上げてしまいました。
 だって、彼女は、ヤンデレ悪役令嬢なんです!
 どうして思いだしたのが僕のほうなんでしょう。
 普通、こうゆう時に前世を思い出すのは、悪役令嬢ではないのですか?
 でも僕が思い出してしまったからには、全力で逃げます。
 だって、僕、ヤンデレ悪役令嬢に将来刺されるルペストリス王子なんです。
 逃げないと、死んじゃいます。
 でも……。
 
 ミーヤ公爵令嬢、とっても、かわいくないですか?



 これは、ヤンデレ悪役令嬢から逃げきるつもりで、いつの間にかでれでれになってしまった僕のお話です。


※完結まで執筆済み。連日更新となります。
他サイトでも公開中です。
24hポイント 28pt
小説 17,669 位 / 111,076件 恋愛 7,417 位 / 31,914件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!