【完結】旦那は私を愛しているらしいですが、使用人として雇った幼馴染を優先するのは何故ですか?

「住込で使用人を雇いたいのだが」

旦那の言葉は私のことを思いやっての言葉だと思った。
家事も好きでやってきたことで使用人はいらないと思っていたのだが、受け入れることにした。

「ところで誰を雇いましょうか? 私の実家の使用人を抜粋しますか?」
「いや、実はもう決まっている」

すでに私に相談する前からこの話は決まっていたのだ。
旦那の幼馴染を使用人として雇うことになってしまった。

しかも、旦那の気遣いかと思ったのに、報酬の支払いは全て私。
さらに使用人は家事など全くできないので一から丁寧に教えなければならない。

とんでもない幼馴染が家に住込で働くことになってしまい私のストレスと身体はピンチを迎えていた。

たまらず私は実家に逃げることになったのだが、この行動が私の人生を大きく変えていくのだった。
24hポイント 702pt
小説 1,968 位 / 105,710件 恋愛 1,074 位 / 29,877件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

私の初めての恋人は、とても最低な人でした。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:10040pt お気に入り:931

皆さん勘違いなさっているようですが、この家の当主はわたしです。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:287865pt お気に入り:10854

公爵様は幼馴染に夢中のようですので別れましょう

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:51911pt お気に入り:5492

婚約者に冤罪をかけられ島流しされたのでスローライフを楽しみます!

恋愛 / 完結 24h.ポイント:1718pt お気に入り:5212

姉の代わりに嫁いだら、皇太子が豹変しました

恋愛 / 完結 24h.ポイント:3580pt お気に入り:2574