【完結】物作りを頑張っている婚約者にベタ惚れしてしまったので、応援していたらなぜか爵位が上がっていきます

 物置小屋で監禁生活をさせられていたソフィーナ。
 四歳のころからいつか物置小屋を出たときに困らないように、毎日魔法の鍛錬だけは欠かさずに行っていた。

 十四歳になったソフィーナは、縁談の話が入り、ついに物置小屋から出ることになる。
 大量の結納金が手に入るため、監禁していた当主はゴミを捨てるようにソフィーナを追い出す。

 婚約相手のレオルドは、物を作ることが大好きでいつか自分で作ったものが商品になることを願って日々研究に明け暮れている男爵家の次男。
 ソフィーナはレオルドの頑張っている姿に興味がわいていき、身の回りのお世話に明け暮れる。
 レオルドの開発している物に対して、ソフィーナの一言がきっかけでついに完成し、王宮の国王の手元にまで届く。

 軌道にのってきたレオルドは手伝ってくれたソフィーナに対して感謝と愛情が溢れていく。
 ソフィーナもレオルドにベタ惚れで、幸せな毎日を過ごせるようになる。

 ついにレオルドは爵位を叙爵され、どんどん成り上がっていく。

 一方、ソフィーナを家から追放した者たちは、二人の成り上がりを目の当たりにして後悔と嫉妬が増えていき、ついには今までの悪さも国の管理下に届くようになって……?
24h.ポイント 213pt
1,189
小説 5,350 位 / 185,000件 恋愛 2,407 位 / 56,183件