よどら文鳥

よどら文鳥

2019/10 小説書き始めて、創作と執筆が面白そうだと思い、小説家になろうで初投稿して今に至ります。
40 12
恋愛 連載中 長編
旧題:料理大好き令嬢は、冷酷無愛想公爵様の笑顔が見たいので、おいしいものをいっぱい提供します〜幼馴染に婚約解消されてから、幸せがはじまりました〜  料理が大好きなシャイン伯爵令嬢は、幼馴染との婚約関係があった。  しかし幼馴染は、『料理など使用人に任せれば良い』の一点張りで、せっかくシャインが用意した料理も食べずに床に捨ててしまう始末である。  ついには幼馴染のほうから婚約解消の話まで進めてしまう。  幼馴染の評判は最悪で、周りからも早く縁を切ったほうがいいと言われるほどだったし、シャイン自体もウンザリしていたため、婚約解消宣告はすぐに決まる。  婚約解消が決まりホッと一息も束の間、今度は冷酷無愛想で評判の悪いエムルハルト公爵からの対談を求められる。  シャインも実際にエムルハルト公爵とは会ったことがないし、縁談の話ではなさそうだと判断したため実際に公爵邸に向かうことにした。  無愛想どころか、顔色も悪いエムルハルト公爵から言われたひとこと。 「住み込みで料理長をやってもらえないだろうか?」  料理関連で働きたいと志願していたシャインにとっては、ワクワクで溢れていた。  シャインはすぐに公爵邸で住むことになるが、いきなりエムルハルト公爵の身にアクシデントが起こる。  相手が誰であっても決して態度をぶらすことのないシャインは、エムルハルト公爵を元気にさせるために奮闘する。  看病の最中、ふいに見せたエムルハルト公爵の一瞬の笑顔は、シャインにとっては格別な嬉しさがあった。  シャインはおいしい料理を毎日作りながら、エムルハルト公爵の本性を知っていき魅かれていく。  いっぽう、婚約解消を勝手に行った幼馴染は、すぐに両親からの大叱責を受けてしまう。  なんとかシャインを取り戻さないと大変なことになる。  しかし、シャインはすぐに回収できると自信満々の幼馴染。  すでにシャインの心は幼馴染にはこれっぽっちもないことを知らずに。 ※ざまぁ要素はありますが、今作品は主人公シャインと冷酷無愛想のエムルハルト公爵とのやりとりが主軸です。そのため、ざまぁ視点は少なめになります。 ※異世界恋愛ではありますが設定上、現代料理も色々と出てきます。
24h.ポイント 1,491pt
小説 921 位 / 185,005件 恋愛 427 位 / 56,228件
文字数 142,150 最終更新日 2024.04.24 登録日 2023.01.14
恋愛 連載中 長編 R15
 高原でカフェを営んでいる聖女一家の末っ子に生まれたフィレーネ。  本人は気がつかない間にズバ抜けた聖なる力を身につけていた。  今は亡き母親は、無自覚にもフィレーネばかりに期待を寄せてしまっていたのである。  そのため、プライドが高い長女と、長女のことを溺愛している次女は、フィレーネのことが邪魔で憎かった。  ある日長女が規格外の聖なる力を持っていることを過信して、フィレーネを家から追放することになる。  フィレーネは無一文で王都まで向かい、そこでレリック王子と出逢う。 「王都でカフェを始めたいのです」  すべては、亡き母親から言われてきた言葉。 『聖なる力でおいしい飲み物を作って人々を幸せにさせてね』  三姉妹の中で、フィレーネだけはこの言葉に従う。  なぜか最初からフィレーネに対して優しいレリック王子の協力のもと、念願だったカフェをオープンすることに成功する。  フィレーネが毎日祈っている聖なる力のおかげで、コーヒー豆や茶葉はものすごい速さで収穫でき、なおかつ愛情のこもった飲み物の噂が広まっていき徐々に人気店になっていく。  ただし、フィレーネは自分が提供している飲み物にどのような特殊効果があるのかを知らず、ただお客の笑顔を見たいがために日々奮闘する。  そんな健気で一生懸命なフィレーネを見ていたレリック王子は、徐々に感情を抑えることができなくなっていき、猛烈アピールしていく。  一方、高原のカフェに残った二人は、利益ばかりに気をとられ儲けようと必死になる。  フィレーネがいなくなってからは、どういうわけか庭で育てていた豆や茶葉の収穫が困難になっていき、苦渋の策としてあらゆる方法を駆使して営業を維持しようとした。  しかし、その評判が徐々に悪くなっていき……? ※基本は漢数字を使っていますが、一部の表記に、読みやすさ重視でアラビア数字を使っています。 ※物語の進行上、ざまぁは普段書いている小説よりも後半のほうから本領発揮しています。
24h.ポイント 142pt
小説 8,046 位 / 185,005件 恋愛 3,629 位 / 56,228件
文字数 65,307 最終更新日 2024.01.01 登録日 2023.07.18
恋愛 完結 長編
 物置小屋で監禁生活をさせられていたソフィーナ。  四歳のころからいつか物置小屋を出たときに困らないように、毎日魔法の鍛錬だけは欠かさずに行っていた。  十四歳になったソフィーナは、縁談の話が入り、ついに物置小屋から出ることになる。  大量の結納金が手に入るため、監禁していた当主はゴミを捨てるようにソフィーナを追い出す。  婚約相手のレオルドは、物を作ることが大好きでいつか自分で作ったものが商品になることを願って日々研究に明け暮れている男爵家の次男。  ソフィーナはレオルドの頑張っている姿に興味がわいていき、身の回りのお世話に明け暮れる。  レオルドの開発している物に対して、ソフィーナの一言がきっかけでついに完成し、王宮の国王の手元にまで届く。  軌道にのってきたレオルドは手伝ってくれたソフィーナに対して感謝と愛情が溢れていく。  ソフィーナもレオルドにベタ惚れで、幸せな毎日を過ごせるようになる。  ついにレオルドは爵位を叙爵され、どんどん成り上がっていく。  一方、ソフィーナを家から追放した者たちは、二人の成り上がりを目の当たりにして後悔と嫉妬が増えていき、ついには今までの悪さも国の管理下に届くようになって……?
24h.ポイント 156pt
小説 7,557 位 / 185,005件 恋愛 3,374 位 / 56,228件
文字数 79,314 最終更新日 2023.07.18 登録日 2023.06.05
恋愛 完結 長編
 社畜生活で死んでしまったものの、二度目の人生を、憧れの異世界で送ることになったヴィレーナ。  ヴィレーナは神様からの任務で聖女の力を授かる。モンスターが生まれないようにするための結界を作り維持することが使命だ。  しかし、転生先では今までと変わらずに社畜聖女として過ごすことになってしまう。  ついには聖なる力など偽りだと言われ、今までの給金分はタダ働きで仕事をする羽目になる。  執事長や侍女たちからの仕打ちもエスカレートし、ついに二度目の過労死を迎えようとしたが、間一髪で神様に助けられる。  神様のミスということで、そのお詫びに魔力と体力を授かったヴィレーナ。  二度目の転生先は隣国のメビルス王国。  そこでは今までヴィレーナが経験したことのないような優しい国で、今まで以上に聖なる力の結界やその他の仕事にも精力的になる。  その実力は、実は規格外のものだった。徐々に周りから崇められてしまうヴィレーナ。  ついにはキーファウス王太子までもがヴィレーナに跪くようになってしまう。  褒められたり崇められたりすることなど皆無だったヴィレーナは、やめてもらうよう必死にお願いする。  だが、チートすぎる魔力と聖なる力のせいで……?  キーファウス王太子は、謙虚で遠慮深い者を接することが少なかったため、ヴィレーナのことが気になっていくのだが、恋愛経験ゼロのヴィレーナはその気持ちに気がつくことはない。  いっぽう、ヴィレーナを雑に扱ってきたブブルル王国では、聖なる力による結界がなくなり、モンスターの出現が頻繁になってきて……。 ※【完結】を入れたら文字数オーバーしちゃったので、サブタイトルは消しました。
24h.ポイント 56pt
小説 14,743 位 / 185,005件 恋愛 6,683 位 / 56,228件
文字数 62,367 最終更新日 2023.06.05 登録日 2023.05.15
 生活環境が原因で、どのような縁談も断り続けて、恋愛などすることはないだろうと確信していたレイラ=ミリシャス。  そのことで考えごとをしていたレイラは突然事故に遭う。  レイラに怪我をさせてしまったガルアラム次期侯爵は、貴族界では名前も顔も知らない者はいないくらいの国宝級のイケメン。  しかし、極度に責任感が強いため、レイラの怪我が完治するまで責任をもって看病をしようとしていた。  レイラは過去のトラウマから誰に対しても恋愛感情など持つはずがない。  ガルアラムもまた、縁談を全て断り続けるような人だから恋愛などあり得ないとレイラは確信していた。  だが、毎日の治療生活によって徐々に二人の感情にも変化がでて……。  同時にガルアラムの計らいで、レイラが事故に遭うまでがどのような生活だったのかを知っていくことになり……。  誰とも縁談や恋愛などする気もなかった二人が、恋に堕ちていくお話です。 ※ざまぁ要素はありますが、物語の中盤から後半にかけてになります。前半は伏線のみです。 ※長編設定にしていますが、まだ完結まで書けていません。状況によっては短編に切り替えるかもしれません。(4万字以下で完結させる場合は短編の変更します)
24h.ポイント 85pt
小説 11,391 位 / 185,005件 恋愛 5,191 位 / 56,228件
文字数 27,259 最終更新日 2023.02.06 登録日 2023.01.27
 フィアーナ伯爵令嬢は、小さいころに命を助けてもらったレオルド次期公爵のことをずっと愛し続けていた。  だが、レオルドには訳ありで愛人が大勢いる。  それでもレオルドのことが好きなため、フィアーナも愛人として彼に近づく。  愛人関係になっても、レオルドはフィアーナのことに全く手を出そうとしなかった。  さらに、突然の愛人終了宣言。  フィアーナは諦めなければならないと思い込み、公爵邸を飛び出てレオルドの幸せを願う。  しかし、フィアーナ自身もレオルドのことは諦めきれず……。  そんな状況の中、評判の悪いデルム侯爵が伯爵邸にやってくる。  デルムは、フィアーナと婚約しようと企んでいた。  だが、フィアーナの心の中にはレオルドのことでいっぱいだった。 ※全9話の短編になります。全話執筆済みです。
24h.ポイント 35pt
小説 19,979 位 / 185,005件 恋愛 8,823 位 / 56,228件
文字数 16,317 最終更新日 2023.01.08 登録日 2023.01.04
恋愛 完結 長編
 フィアラの父は、再婚してから新たな妻と子供だけの生活を望んでいたため、フィアラは邪魔者だった。  フィアラは毎日毎日、家事だけではなく父の仕事までも強制的にやらされる毎日である。  だがフィアラが十四歳になったとある日、長く奴隷生活を続けていたデジョレーン子爵邸から抹消される運命になる。  侯爵がフィアラを除名したうえで専属使用人として雇いたいという申し出があったからだ。  金銭面で余裕のないデジョレーン子爵にとってはこのうえない案件であったため、フィアラはゴミのように捨てられた。  父の発言では『侯爵一家は非常に悪名高く、さらに過酷な日々になるだろう』と宣言していたため、フィアラは不安なまま侯爵邸へ向かう。  だが侯爵邸で待っていたのは過酷な毎日ではなくむしろ……。  いっぽう、フィアラのいなくなった子爵邸では大金が入ってきて全員が大喜び。  さっそくこの大金を手にして新たな使用人を雇う。  お金にも困らずのびのびとした生活ができるかと思っていたのだが、現実は……。
24h.ポイント 234pt
小説 5,496 位 / 185,005件 恋愛 2,431 位 / 56,228件
文字数 60,931 最終更新日 2023.01.04 登録日 2022.11.28
※第二章までの主人公やヒロインの口調は完結させたあとに直しますが、第三章以降と口調が違っています。 性格は同じです。 「ようやく追放できてせいせいする」 「こんなクズ放っておこうよ」 「とっとと消えなさい。クズの親を持った自分を恨むことね」  実の父と義母、義弟から散々な言われようで、レイスは家を追い出された。  これはレイスの左目に宿る【魔眼】の影響だった。  魔眼による事故、事件のせいで魔眼の力は恐れられ、忌み嫌われていたのだ。  伯爵である父、バルスは古いしきたりを大切にするため、魔眼への偏見が強くあったのだ。  物心ついた頃から幽閉され、自立できる年齢になった途端追い出される。  絶望的な状況の中、今は亡き実母の言葉だけがレイスの支えになっていた。 ーー貴方のその綺麗な眼で、綺麗な世界を作ってね  そんな中魔眼持ちを押さえ込み続けた国王が急遽、魔眼持ちの第四王子を次期国王に指名した。  レイスにとって、新国王の即位は大きなチャンスだった。  一方魔眼持ちというだけで差別的な言動を繰り返してきた実家や大臣たちは窮地に追い込まれることになり……。  これは忌み嫌われた魔眼持ちの少年と王が、世界を少しずつ綺麗なものにしていくための物語。 ※本作品は共著となっています プロット担当 すかいふぁーむ 執筆担当 よどら文鳥 ※なろう小説でも投稿しています
24h.ポイント 85pt
小説 11,391 位 / 185,005件 ファンタジー 1,725 位 / 42,508件
文字数 109,850 最終更新日 2023.01.01 登録日 2021.01.03
恋愛 完結 短編
「元聖女レイチェルは国外追放と処す」  国王陛下は私のことを天気を操る聖女だと誤解していた。  私レイチェルは植物と対話したり、植物を元気にさせたりする力を持っている。  誤解を解こうとしたが、陛下は話すら聞こうとしてくれない。  聖女としての報酬も微々たる額だし、王都にいてもつまらない。  この際、国外追放されたほうが楽しそうだ。  私はなにもない辺境地に来て、のんびりと暮らしはじめた。  生きていくのに精一杯かと思っていたが、どういうわけか王都で仲良しだった植物たちが来てくれて、徐々に辺境地が賑やかになって豊かになっていく。  楽しい毎日を送れていて、私は幸せになっていく。  ところで、王都から植物たちがみんなこっちに来ちゃったけど、あの国は大丈夫かな……。 【注意】 ※この世界では植物が動きまわります ※植物のキャラが多すぎるので、会話の前『』に名前が書かれる場合があります ※文章がご都合主義の作品です ※今回は1話ごと、普段投稿しているよりも短めにしてあります。
24h.ポイント 42pt
小説 17,565 位 / 185,005件 恋愛 7,938 位 / 56,228件
文字数 24,597 最終更新日 2022.12.24 登録日 2022.12.16
恋愛 完結 長編 R15
 妹のシャインは私の私物をなんでも持っていくし、我儘である。  両親も妹のことばかりを極端に溺愛しているため、私(レイナ=ファルアーヌ)が助けを求めても無駄であった。  いつか家を出て行くつもりだったので、私は一人でも暮らしていけるように魔法学の勉強を毎日励んでいた。  ある日、シャインは、私宛に来ていたはずの縁談までも奪ってしまう。両親も、妹が求めているのだから優先させるとの一点張りだった。  だが、そのお相手が嫌いだということで、再び私が縁談をすることになってしまった。  この縁談によって私の人生が変わろうとしていた。  更に、今まで試すこともなかった魔法を発動してみた結果……。  シャイン……。私がいなくなっても、ファルアーヌ家で元気にやっていってくださいね。
24h.ポイント 92pt
小説 10,893 位 / 185,005件 恋愛 4,936 位 / 56,228件
文字数 95,593 最終更新日 2022.12.19 登録日 2021.12.14
恋愛 完結 長編 R15
ソフィアは小さいころは露頭に迷っていたが、伯爵家当主に拾われて使用人として雇われた。 だが、それは当主の悪巧みで、ソフィアを利用して地位と評判を上げるつもりだった。 ソフィアへの扱いは残酷で、休みもなく毎日使用人として働かされる日々。 ある日、伯爵当主はソフィアに縁談を命ずる。 これも悪巧みの一つで最終的には婚約破棄をさせ、ソフィアを自害に見せかけて殺すつもりでいた。 だが、ソフィアの身体は怪我をしてもなぜか一晩で治ってしまうため、今回もソフィアは蘇った。 ソフィアはこのままでは本当に殺されかねないと判断し、伯爵が管理する領地から脱出する。 外はモンスターがウヨウヨいていつ殺されるかもわからない。 案の定、モンスターに追われている一行と遭遇してしまい、使ったことのない魔法でなんとか助かる。 助けた一行は王都の使いの者と王女で、気絶してしまったソフィアは王都で目を覚ましたのだが……? 一方、ソフィアは完全に死んだと思い込んでいた伯爵当主たちは、ソフィアを失ったことによって屋敷がてんやわんやになったり、王都から取り調べが入ったりして大変なことになっていく。
24h.ポイント 21pt
小説 26,308 位 / 185,005件 恋愛 11,421 位 / 56,228件
文字数 59,996 最終更新日 2022.12.07 登録日 2022.09.17
恋愛 完結 短編 R15
 ルリナは物心からついたころから公爵邸の庭、主にゴミ捨て場で生活させられていた。  ルリナを産んだと同時に公爵夫人は息絶えてしまったため、公爵は別の女と再婚した。  再婚相手との間に産まれたシャインを公爵令嬢の長女にしたかったがため、公爵はルリナのことが邪魔で追放させたかったのだ。  そのために姑息な手段を使ってルリナをハメていた。  だが、ルリナには聖女としての力が眠っている可能性があった。  その可能性のためにかろうじて生かしていたが、十四歳になっても聖女の力を確認できず。  ついに公爵家から追放させる最終段階に入った。  それは交流会でルリナが大恥をかいて貴族界からもルリナは貴族として人としてダメ人間だと思わせること。  公爵の思惑通りに進んだかのように見えたが、ルリナは交流会の途中で庭にある森の中へ逃げてから自体が変わる。  気絶していた白文鳥を発見。  ルリナが白文鳥を心配していたところにニルワーム第三王子がやってきて……。
24h.ポイント 49pt
小説 16,094 位 / 185,005件 恋愛 7,291 位 / 56,228件
文字数 41,924 最終更新日 2022.12.05 登録日 2022.11.20
恋愛 完結 長編
「リリーナ、俺はお前の姉と結婚することにした。だからお前との婚約は取り消しにさせろ」  婚約者だったザグローム様は婚約破棄が当然のように言ってきました。 「ようやくお前でも家のために役立つ日がきたかと思ったが、所詮は役立たずだったか……」 「リリーナは伯爵家にとって必要ない子なの」  両親からもゴミのように扱われています。そして役に立たないと、家から追放されることが決まりました。  お姉様からは用が済んだからと捨てられます。 「あなたの手柄は全部私が貰ってきたから、今回の婚約も私のもの。当然の流れよね。だから謝罪するつもりはないわよ」 「平民になっても公爵婦人になる私からは何の援助もしないけど、立派に生きて頂戴ね」  ですが、これでようやく理不尽な家からも解放されて自由になれました。  唯一の味方になってくれた執事の助言と支援によって、隣国の公爵家へ向かうことになりました。  ここから私の人生が大きく変わっていきます。
24h.ポイント 220pt
小説 5,889 位 / 185,005件 恋愛 2,595 位 / 56,228件
文字数 97,090 最終更新日 2022.11.29 登録日 2021.06.18
恋愛 完結 長編 R15
エウレス皇国のラファエル皇太子から突然婚約破棄を告げられた。 どうやら魔道士のマーヤと婚約をしたいそうだ。 この国では王族も貴族も皆、私=リリアの聖女としての力を信用していない。 元々砂漠だったエウレス皇国全域に水の加護を与えて人が住める場所を作ってきたのだが、誰も信じてくれない。 だからこそ、私のことは不要だと思っているらしく、隣の砂漠の国カサラス王国へ追放される。 なんでも、カサラス王国のカルム王子が国の三分の一もの財宝と引き換えに迎え入れたいと打診があったそうだ。 国家の持つ財宝の三分の一も失えば国は確実に傾く。 カルム王子は何故そこまでして私を迎え入れようとしてくれているのだろうか。 カサラス王国へ行ってからは私の人生が劇的に変化していったのである。 だが、まだ砂漠の国で水など殆どない。 私は出会った人たちや国のためにも、なんとしてでもこの国に水の加護を与えていき住み良い国に変えていきたいと誓った。 ちなみに、国を去ったエウレス皇国には距離が離れているので、水の加護はもう反映されないけれど大丈夫なのだろうか。
24h.ポイント 127pt
小説 8,683 位 / 185,005件 恋愛 3,917 位 / 56,228件
文字数 88,922 最終更新日 2022.11.28 登録日 2021.09.21
恋愛 完結 長編 R15
「ライアンとは婚約解消したい。幼馴染のミーナから声がかかっているのだ」  婚約者であるオズマとご両親は、私のお父様の稼ぎを期待するようになっていた。  幼馴染でもあるミーナの家は何をやっているのかは知らないが、相当な稼ぎがある。  どうやら金銭目当てで婚約を乗り換えたいようだったので、すぐに承認した。  だが、ミーナのご両親の仕事は、不正を働かせていて現在裁判中であることをオズマ一家も娘であるミーナも知らない。  一方、私はというと、婚約解消された当日、兼ねてから縁談の話をしたかったという侯爵であるサバス様の元へ向かった。 ※設定はかなり緩いお話です。
24h.ポイント 56pt
小説 14,743 位 / 185,005件 恋愛 6,683 位 / 56,228件
文字数 117,557 最終更新日 2022.08.20 登録日 2021.12.03
恋愛 完結 短編
 伯爵令嬢のミリアナは、次期公爵レインハルトと婚約関係である。  二人は特に問題もなく、順調に親睦を深めていった。  だがある日。  王女のシャーリャはミリアナに対して、「二人の婚約を解消してほしい、レインハルトは本当は私を愛しているの」と促した。  ミリアナは最初こそ信じなかったが王女が帰った後、レインハルトとの会話で王女のことを愛していることが判明した。  レインハルトの幸せをなによりも優先して考えているミリアナは、自分自身が嫌われて婚約破棄を宣告してもらえばいいという決断をする。  ミリアナはレインハルトの前では悪女になりきることを決意。  もともとミリアナは破天荒で活発な性格である。  そのため、悪女になりきるとはいっても、むしろあまり変わっていないことにもミリアナは気がついていない。  だが、悪女になって様々な作戦でレインハルトから嫌われるような行動をするが、なぜか全て感謝されてしまう。  それどころか、レインハルトからの愛情がどんどんと深くなっていき……? ※前回の作品同様、投稿前日に思いついて書いてみた作品なので、先のプロットや展開は未定です。今作も、完結までは書くつもりです。 ※第一話のキャラがざまぁされそうな感じはありますが、今回はざまぁがメインの作品ではありません。もしかしたら、このキャラも更生していい子になっちゃったりする可能性もあります。(このあたり、現時点ではどうするか展開考えていないです)
24h.ポイント 63pt
小説 13,770 位 / 185,005件 恋愛 6,251 位 / 56,228件
文字数 41,017 最終更新日 2022.08.20 登録日 2022.07.20
恋愛 完結 ショートショート R15
 公爵家に嫁いだものの、なかなか子供が授からないミリア。  王族にとって子孫ができないことは死活問題だった。  そのため、旦那であるベイルハルトの両親からは離婚するよう圧がかかる。  ミリアもベイルハルトも離れ離れになりたくはなかった。  ミリアは治癒魔法の会得を試みて子供が授かる身体になることを決意した。 だが、治癒魔法は禁呪とも言われ、会得する前に死んでしまうことがほとんどだ。  それでもミリアはベイルハルトとずっと一緒にいたいがために治癒魔法を会得することに。  一方、ミリアに子供が授からないように呪いをかけた魔導師と、その黒幕はミリアが治癒魔法を会得しようとしていることを知って……? ※はじめてのショートショート投稿で、全7話完結です。
24h.ポイント 21pt
小説 26,308 位 / 185,005件 恋愛 11,421 位 / 56,228件
文字数 7,057 最終更新日 2022.08.18 登録日 2022.08.18
恋愛 完結 短編 R15
「聖女イデアよ、もう祈らなくとも良くなった」  ブラークメリル王国の新米国王ロブリーは、節約と経費削減に力を入れる国王である。  どこの国でも、聖女が作る結界の加護によって危険なモンスターから国を守ってきた。  国として大事な機能も経費削減のために不要だと決断したのである。  そのとばっちりを受けたのが聖女イデア。  国のために、毎日限界まで聖なる力を放出してきた。  本来は何人もの聖女がひとつの国の結界を作るのに、たった一人で国全体を守っていたほどだ。  しかも、食事だけで生きていくのが精一杯なくらい少ない給料で。  だがその生活もロブリーの政策のためにリストラされ、社畜生活は解放される。  と、思っていたら、今度はイデア自身が他国から高値で取引されていたことを知り、渋々その国へ御者アメリと共に移動する。  目的のホワイトラブリー王国へ到着し、クラフト国王に聖女だと話すが、意図が通じず戸惑いを隠せないイデアとアメリ。  しかし、実はそもそもの取引が……。  幸いにも、ホワイトラブリー王国での生活が認められ、イデアはこの国で聖なる力を発揮していく。  今までの過労が嘘だったかのように、楽しく無理なく力を発揮できていて仕事に誇りを持ち始めるイデア。  しかも、周りにも聖なる力の影響は凄まじかったようで、ホワイトラブリー王国は激的な変化が起こる。  一方、聖女のいなくなったブラークメリル王国では、結界もなくなった上、無茶苦茶な経費削減政策が次々と起こって……? ※政策などに関してはご都合主義な部分があります。
24h.ポイント 49pt
小説 16,094 位 / 185,005件 恋愛 7,291 位 / 56,228件
文字数 40,929 最終更新日 2022.08.18 登録日 2022.07.15
恋愛 完結 短編 R15
 望みもしなかった政略結婚生活一年。  旦那のブロンダは、婚約期間中も女癖が悪かった。  それでも私シャインは公爵令嬢の義務として子孫繁栄の営みは続くが、結婚半年頃からそれもなくなる。  やがて子供も作れない私は、両親からも悪女だの使えない女だの言われるようになる。  ある日ブロンダが懲りずに不倫している現場を目撃。  私は心労のあまり倒れる。  そのときに前世の平成と令和世代を生きていた記憶と、その記憶で持っていた更に前世の記憶=私自身の未来の記憶が浮かぶ。  このままだと私はブロンダの手によって毒殺される運命。  だが、そうはなるまいと前世の破天荒女だった記憶と性格が私自身を大きく変え、まずは毒殺回避の上、ブロンダの悪事を暴いてやることにした。 ※章管理をしていますが、一章ごとがかなり短めになります。 ※ご都合主義が多めの作品になります。 ※タイトルは変えるかもしれません ※恋愛要素は、物語中盤からになります。
24h.ポイント 21pt
小説 26,308 位 / 185,005件 恋愛 11,421 位 / 56,228件
文字数 33,793 最終更新日 2022.04.03 登録日 2022.03.16
恋愛 完結 短編 R15
「アイリス=ローゼンよ、婚約破棄させてもらう。お前の義妹フリンデルが聖女だとわかった今、結婚する意味もなくなった」  婚約者だったはずのゴルギーネから冷たく宣告された。  ゴルギーネ様は名誉のためにフリンデルと婚約をしたいようだ。  義妹フリンデルが「自分は聖女だ」と主張するようになってから、周りはそれを信じるようになり、ただでさえ奴隷のような生活を余儀なくされてた私の人生は更に悪化した。  激しい怒声や命令で、私の性格は臆病かつビビリになっている。  それでも勇気を出して、フリンデルは聖女だと勘違いしていると主張したら、義父様から暴行を受けた上、家からも追い出された。  行き場を失った私は野垂れ死ぬと思っていたが、偶然ジュエル第二王子に助けてもらった。  ジュエル王子は恐いことで有名な王子だ。  実際に会話をしてみると……やはり臆病でこわがりな私にとってはおっかない。  だが、ジュエル王子の助言や行動力で、私も挑戦することができ、それをきっかけに臆病な性格が徐々に変わっていく。  ジュエル王子と出逢えたことで、私の性格が少しずつ変化していく物語。 ※各設定はゆるめです。 ※環境が悪い国(水不足)でいきなり雨が降ったりする描写があります。リアルならば災害が起こるかもしれませんが、この世界観ではそういったリアルな要素はないものとして書いてます。
24h.ポイント 49pt
小説 16,094 位 / 185,005件 恋愛 7,291 位 / 56,228件
文字数 39,953 最終更新日 2022.03.19 登録日 2022.03.02
40 12