家に住み着いている妖精に愚痴ったら、国が滅びました

精霊の加護なくして魔法は使えない。
私は、生まれながらにして、加護を受けることが出来なかった。
加護なしは、周りに不幸をもたらすと言われ、家族だけでなく、使用人たちからも虐げられていた。
王子からも婚約を破棄されてしまい、これからどうしたらいいのか、友人の屋敷妖精に愚痴ったら、隣の国に知り合いがいるということで、私は夜逃げをすることにした。
まさか、屋敷妖精の一声で、精霊の信頼がなくなり、国が滅ぶことになるとは、思いもしなかった。
24hポイント 26,653pt
小説 117 位 / 104,758件 ファンタジー 21 位 / 27,838件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約者の側室に嫌がらせされたので逃げてみました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:195108pt お気に入り:10790

2回目の生を手に入れた令嬢は婚約破棄を無視することに決めたようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:10951pt お気に入り:6629

「君を愛することはない」とおっしゃる旦那様、それは私のセリフです

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:80053pt お気に入り:4311

番だからと攫っておいて、番だと認めないと言われても。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:176542pt お気に入り:2226

転生王子はダラけたい

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:28372pt お気に入り:28263

大ハズレだと追放された転生重騎士はゲーム知識で無双する

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:41848pt お気に入り:5645