きみのミルクを飲ませてくれないか

神様の気まぐれにより異世界へ転移してしまった胡桃は、転移の際異世界の神様に翻訳機能を授けられた。それにより読み書き、会話は問題なく行えるがここはやはり異世界。日々の慣習や文化の違いにより噛み合わないことがあった。それを支えてくれたのは騎士団に所属する副団長のヘレフォードであった。
ある時、思いを寄せているヘレフォードに「きみのミルクを飲ませてくれ」と言われ?

ゆるゆる設定です。

ムーンライトノベルズにも掲載中。

初執筆作品。
24h.ポイント 56pt
61
小説 13,580 位 / 186,918件 恋愛 6,253 位 / 56,671件