彼方からの旋律に耳すます夜は

ドイツのある市民劇場で働く作曲家リサ・シライと、大学のドイツ文学教授のフランツ・ヴェングラーの、歳の差恋物語。
ドイツ人と日本人の両親を持ち、過去の辛い経験からパニック障害を抱えるリサ。四十代後半になっても独身で、のめり込むような恋愛なんて自分には縁がないとさめていたフランツは、そんな彼女と音楽や文学の世界を共有し、少しずつ距離を縮めていく。

作中、パニック障害の描写があります
アスタリスクがある話には性描写があります
24hポイント 0pt
小説 77,307 位 / 77,307件 恋愛 20,385 位 / 20,385件