恋ほど切ない恋はない

唐沢四郎と後藤祥子は小学校6年生から中学3年まで同じクラスだった。
お互いに別々の家庭を築き、子供たちも成人して家を出てゆき、そしてふたりとも離婚していた。
そんなある日、中学3年生のクラス会が開かれることになった。地元の温泉旅館で開かれたクラス会で、唐沢と後藤は40年ぶりに再会する。
人生の酸いも甘いも経験した大人のふたり。人生100年といわれる現代で、50代の青春は許されるものなのだろうか? 自分たちだけではない、家族との関りの中で、こんな恋があれば素敵だなという小説です。
24hポイント 0pt
小説 86,754 位 / 86,754件 現代文学 3,958 位 / 3,958件