何でも殺(や)の裏事情

時は、現代…何だが。
君達が知ってる今とは違いまくってる。
銃器、車、剣、魔法、AI…そう、仮想と思われたものが普通の日常にあるのだ。
そんな日常にある国…いや正式には「新帝国ギルバート」

ここは、貧民と富民に別れている。
いわゆる、スラム街というものがあるのだ。
そんなスラム街の一角に、ポツンと何でも屋の看板を掲げてる建物があるのだ。
そこで働いてる…いわゆる…社長?つーか…まあ…1人しかいないんだけどよ…泣

…話が脱線したな、そこで働いてる1人の男から、話が始まる。

新帝国ギルハートの説明

ギルハートは、「旧帝国・ギルハント」だった国です。
ギルハントの時代は、民を奴隷、人体実験とし、国の強化を図ろうとした貴族達がいました。
その貴族達の欲望を阻止しようと、ギルハントの民は反乱。
結果、反乱軍が勝利を勝ち取り。貴族達は処刑されたのでした…。
その時、反乱軍を率いた将軍「ギルハート」と言う、女性がいました。
その女性は後に、新帝国のシンボルとなります。
ギルハートの国は、周りが森や、砂漠、平野、山岳部…色々な地形に囲まれた国です。

…さて、長らく説明をしましたが、つーか、こんな説明で良いのか?
…ま、いいか、これから慣れていけばいいかな…この記録をここに記す。
24hポイント 0pt
小説 57,341 位 / 57,341件 ライト文芸 2,345 位 / 2,345件