【連載版】微妙に残念美人な先輩が部室に来るようになった件

納谷権一郎(なやごんいちろう)は高校一年。
彼は自身の所属する郷土史研究部で一人過ごす静かな日々が気に入っていた。

ある日、部室前で遭遇した学校一の美人と言われる先輩『二上穂高』。
その出来事が彼の放課後と日常を少しずつ変えていく。

「ねぇねぇ納谷君。今度ボルダリングっていうのに……」
「嫌な予感がするからお断りします」

※以前書いた短編の連載版になります。
※この小説は「小説家になろう」などへも同時投稿しております。
24hポイント 0pt
小説 77,236 位 / 77,236件 恋愛 20,394 位 / 20,394件