目覚めたらピンク頭の屑ヒロインだった件~罰は醜怪騎士団長との婚約だそうです

ブラック企業で社畜の日々を送っていたアラサーの「私」は、目が覚めるとピンク頭の美少女になっていた。それは昔読んだ小説のヒロインで、王子と恋に落ちて悪役令嬢を断罪しハッピーエンドになる話だった。

しかし、実際の「私」の身体の持ち主は、小説と違って実はとんでもない屑だった。複数の婚約者のいる男性と懇ろになり、令嬢たちから目の敵にされていたのだ。
そんな令嬢の怒りは「私」に向かい、罰として令嬢達から恐れられている騎士団長と婚約しろと言われ…

私の身体はどうなったのか?ピンク頭の身体は誰?少しずつ状況が明らかになる中、入れ替わってたのが一対一ではなく四人でシャッフルだったようで?

ヒーローは小説の世界では非イケメンです。
ご都合主義で設定はゆるゆるです。
6/11、10万文字超えそうなので長編に変更しました。
話の進行によりタグ変更しています。
24hポイント 802pt
小説 2,058 位 / 148,958件 恋愛 1,045 位 / 46,971件