この気持ちを恋と呼んだら、君は笑うだろうか?【現在休載中】


予想外の恋。

それは、twitterで見付けた一枚のイラスト。

顔も知らない君に、僕は恋をした。



生まれつき身体の弱かった僕は入退院の繰り返しで、学校もまともに通えず友達と呼べる存在も少なかった。

だから、当然恋人と呼べる人もいない。
恋というものは、自分には無縁だと思っていた。

だって僕は、いつまで生きられるか分からないのだから……。


暫くそのイラストを眺めて、”いいね!”ボタンを押すと、その人のページにいって、さっと覗いて……。気付いたら、フォローしてた。

相互フォローとかも、期待してなかったし。この時は、コメントとか書いたりメッセージする気もなかった。

ただ、またそのイラストを見たいと思ったんだ。


それだけ。
それだけだったのに……。

君がフォローを返してくれた瞬間。閉ざしていた窓が開いて、風が駆け抜けて、光が射して、真っ暗闇に閉じ込もって居た僕を照らしてくれたような気がしたんだ。

毎日朝を迎えられる喜び、Twitterを通じて会える幸せ、当たり前の日々を愛おしいと思わせてくれたのは、君でした。


2019年3月30日(土)
投稿・連載開始

丁寧に書き上げたい作品なので亀更新かも知れませんが、よろしくお願いしますm(__)m
24hポイント 0pt
小説 60,286 位 / 60,286件 ライト文芸 2,416 位 / 2,416件