転生者世界についた嘘と恋の物語


転生者が飽和した世界において、ただ普通に生まれてしまったイヴリン・フラメル。

転生者ではない婚約者の死を恐れた幼馴染ケヴィン・サミュエルズは、とある提案をする。

「僕の前世の恋人にならないか?」

二人は世界にひとつの嘘をつくことにした。

学園に入学し順風満帆な日々を送るも、そう長くは続かなかった。

キャサリン・ローナンがケヴィンの前世の恋人だと主張したのだ。
大人しく身を引くイヴリンの前に、一人の青年が現れた。

何やら不思議な雰囲気を持つ青年アダム・マリクに次第に惹かれてゆくイヴリンであったが……。

彼もまた世界に大きな嘘をついていた。

24hポイント 0pt
小説 58,674 位 / 58,674件 恋愛 14,117 位 / 14,117件