残響は夏に消え

「あんたは、一体誰なんだ……?」

登山中の事故に遭った恋人が、帰って来た。
「生きているのが不思議だ」と医者に言われるような酷い怪我からの生還に、初めは喜んでいた佐々岡春弥だが、恋人のケアをしながら過ごすうち、徐々に拭い切れない違和感を覚え始める。
ありえない事だと分かっていても、脳裏を掠める予感があった。

今、隣に居る男は、本当に自分が愛した人なのだろうか。
24hポイント 0pt
小説 143,689 位 / 143,689件 BL 16,424 位 / 16,424件