不思議な『茶色の小瓶』物語 ~ほら、歌ってごらん♪~

《あの有名な「茶色の小瓶」という歌、あなたは憶えていますか?》
《これはその歌をモチーフにした、不思議な物語です。》


 ある日少年は唯一の肉親であり、大好きだった爺様を亡くした。
 それを機に、その爺様に「大きくなったら譲る」と言われていた『茶色の小瓶』を手にする。
 生きていく為にと田舎を出て、大きな隣街で子供の頃から修行の日々……。
 形見となった『茶色の小瓶』を手放さず、爺様に話しかけるような気持ちで少年はいつも大事に磨き続けるのだった。
 
 だが修行先の飯屋にてそこの娘と恋仲になり、その娘が成人すると結婚を決意するようになる。
 子供の頃からの生まれ故郷に店を出すという夢を叶える為、田舎に連れて行くことを悩みもしたが……。
24hポイント 0pt
小説 112,481 位 / 112,481件 ライト文芸 4,907 位 / 4,907件