竜王の花嫁は番じゃない。

「……だから申し上げましたのに。私は貴方の番(つがい)などではないと。私はなんの衝動も感じていないと。私には……愛する婚約者がいるのだと……」

シンシアの瞳に涙はない。もう涸れ果ててしまっているのだ。

──番じゃないと叫んでも聞いてもらえなかった花嫁の話です。
24hポイント 276pt
小説 5,885 位 / 140,425件 恋愛 2,917 位 / 43,452件