【完結】城を追放された第三王子は、伝説の聖女になって王国に復讐する。

公爵令嬢に婚約破棄された事がきっかけで、城を追放された第三王子ジャン・エトワール。

ジャンは妾の子だった。彼の母親はかつて予言の聖女と呼ばれ、数々の予言を残した。だが王国が滅ぶと予言した際に、反逆罪で処刑されてしまう。

追放される際に国王である父親に母親を侮辱されたジャンは、必ず母親の潔白を証明し、復讐すると誓う。

そして彼には秘密があった。窮地にある人々の元へ颯爽と現れ、救済する伝説の聖女ジャンヌ。その正体は、女性に変身したジャンだった。

母親から「予言の聖女」の力を引き継いだジャンは、その力を用いて人々を救っていたのだ。

王国滅亡へのカウントダウン。予言の時は刻一刻と迫る。

表紙はniu様(TwitterID @niufog)より許可を頂いたフリーアイコンです。
24hポイント 14pt
小説 19,231 位 / 87,364件 ファンタジー 3,994 位 / 24,799件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!