双子の妹は私に面倒事だけを押し付けて婚約者と会っていた

レーナとシェリーは瓜二つの双子。
二人は入れ替わっても周囲に気づかれないぐらいにそっくりだった。

それを利用してシェリーは学問の手習いなど面倒事があると「外せない用事がある」とレーナに入れ替わっては面倒事を押し付けていた。
しぶしぶそれを受け入れていたレーナだが、ある時婚約者のテッドと話していると会話がかみ合わないことに気づく。

調べてみるとどうもシェリーがレーナに成りすましてテッドと会っているようで、テッドもそれに気づいていないようだった。
24hポイント 710pt
小説 2,159 位 / 105,452件 恋愛 1,193 位 / 29,719件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

奪い取るより奪った後のほうが大変だけど、大丈夫なのかしら

恋愛 / 完結 24h.ポイント:236207pt お気に入り:7351

邪魔者は消えようと思たのですが……どういう訳か離してくれません

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:6702pt お気に入り:3910

知識を従え異世界へ

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:7640pt お気に入り:1242

皆さん勘違いなさっているようですが、この家の当主はわたしです。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:320303pt お気に入り:8970

私が光の神子なんですけど、なぜかお前じゃないと言われました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:21336pt お気に入り:3660

とっさについた嘘のせいで、えらいことになってしまった……

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:390pt お気に入り:682

婚約破棄の翌日に謝罪されるも、再び婚約する気はありません

恋愛 / 完結 24h.ポイント:1185pt お気に入り:6330