聖獣は人を愛する

神は言った
「任せたぞ、伊織」と
一匹の聖獣は神に頭を下げて一声唸った
聖獣はこれから人間界へ行く
神々は聖獣を愛して育てていたからこそ人の世界を見せたかった
「ガゥ」
聖獣は光に包まれる
そして消える時
聖獣は人の姿で神々に頭を下げる
この物語は一匹が一人の聖獣となり、人を愛する話だ
24hポイント 0pt
小説 84,409 位 / 84,409件 ファンタジー 24,504 位 / 24,504件