ディルムッド悲恋譚

「なぜ裏切った、ディルムッドぉぉぉぉ!」
敬愛するフィン・マックールの怒声を聞きながら、かつて彼の部下だったディルムッド・オディナは死の際で笑った。
裏切ってなどいない。
自分はただ、貴方からあの魔女を遠ざけたかっただけだ――…。

ケルト神話のフィン物語群から着想を得た、ディルムッド・オディナの視点で回想されるワタクシ解釈の物語。
次は木曜日に更新します:( ;´꒳`;):
24hポイント 21pt
小説 17,058 位 / 92,463件 歴史・時代 158 位 / 1,068件