絶対に夜空は見上げない

【あらすじ】
彗星カサンドラが地球の近くを通過する日。世紀の天体ショーを見に集まった人々の中、小学生の彩子だけは絶対に夜空を見上げないと誓っていた。

【説明】
あることで、ちょっと悲しい思いをした女子小学生の、とある夜のお話を描いた短編小説です。
24hポイント 0pt
小説 125,614 位 / 125,614件 ライト文芸 5,142 位 / 5,142件