都合よく「疫病神」として扱われてきましたが

教会で雑用係としてこき使われるローリアは、他の人には見えないモノが見える。
そのせいか「教会で起こる悪い出来事は全部ローリアのせい」と言われ、教会の疫病神として都合の良いように扱われていた。

幼い頃両親が死に、ここに引き取られたローリアは天涯孤独なうえタダ働き。
行く場所も、お金も居場所もない。

そんなローリアにある日声をかけて来たのは、教会の関係者っぽくない不思議な男。疫病神なんて噂も気にせず、以来何かと構ってくれる彼と出会ってからというもの、ローリアの散々な日々は少しずつ変化していって………

しかもこの男の人、ただごとではない隠し事があるようで………?

24hポイント 7pt
小説 23,900 位 / 92,494件 恋愛 9,692 位 / 25,280件