皇太子の愛妾は城を出る

一目惚れだった。
目と目が合った瞬間に運命を感じた。彼の表情からも私と同じだとわかった。
でも彼はこの国の皇太子。
私に与えられたのは愛妾という立場だけ。
王宮の端っこに家を与えられ、彼が来るのを待つだけの二年間。でも子供ができれば、彼に正妃が決まれば側妃になれると思っていた。彼の正妃が内定された時、側室になれると喜ぶ私に
「君が側室に? なれるわけないだろう。君には教養も無ければ魔力もない。もし側室するのなら初めから愛妾になどするわけがない。君には愛妾がお似合いだ」
という蔑みの言葉。
目が覚めた。逃げなければと思った。
このままでは彼の人形だ。
この話は二年間愛妾だった女性が皇太子と別れ城を出る話です。


※小説家になろうでも書いてます
24hポイント 71pt
小説 11,033 位 / 121,257件 恋愛 4,928 位 / 35,791件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

夫に裏切られ子供を奪われた私は、離宮から逃げ出したい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:170152pt お気に入り:2499

甘味女子は異世界でほっこり暮らしたい

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:7pt お気に入り:179

容姿が醜い太った女が恋をしてはいけませんか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:56013pt お気に入り:1285

幼なじみは御曹子

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:28pt お気に入り:2192

冒険がしたい創造スキル持ちの転生者

Gai
ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:12397pt お気に入り:7417

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。