【完結】平凡な容姿の召喚聖女はそろそろ貴方達を捨てさせてもらいます

“美少女だね”

“可愛いね”

“天使みたい”

知ってる。そう言われ続けてきたから。
だけど…

“なんだコレは。
こんなモノを私は妻にしなければならないのか”

召喚(誘拐)された世界では平凡だった。

私は言われた言葉を忘れたりはしない。


* さらっとファンタジー系程度
* 完結保証付き
* 暇つぶしにどうぞ

24h.ポイント 937pt
20,552
小説 1,218 位 / 187,429件 ファンタジー 227 位 / 42,878件

あなたにおすすめの小説

友人の恋が実りますように。

しゃーりん
恋愛
伯爵令嬢クラリーチェは友人である侯爵令息アマディオの恋を応援している。 アマディオの想い人は第二王子殿下フレデリックの婚約者である侯爵令嬢セレンティア。 二人は明らかに仲が良くないのだが、国王陛下が決めた婚約であることから婚約解消が難しい。 孤立しているセレンティアを見て、アマディオはフレデリックに婚約解消を言わせると言い出す。 その方法はセレンティアが浮気していると思わせることだという。 そんな上手いこといくかな?と思いながらも友人の恋のために手助けするお話です。

現世にダンジョンができたので冒険者になった。

あに
ファンタジー
忠野健人は帰り道に狼を倒してしまう。『レベルアップ』なにそれ?そして周りはモンスターだらけでなんとか倒して行く。

今日で都合の良い嫁は辞めます!後は家族で仲良くしてください!

ユウ
恋愛
三年前、夫の願いにより義両親との同居を求められた私はは悩みながらも同意した。 苦労すると周りから止められながらも受け入れたけれど、待っていたのは我慢を強いられる日々だった。 それでもなんとななれ始めたのだが、 目下の悩みは子供がなかなか授からない事だった。 そんなある日、義姉が里帰りをするようになり、生活は一変した。 義姉は子供を私に預け、育児を丸投げをするようになった。 仕事と家事と育児すべてをこなすのが困難になった夫に助けを求めるも。 「子供一人ぐらい楽勝だろ」 夫はリサに残酷な事を言葉を投げ。 「家族なんだから助けてあげないと」 「家族なんだから助けあうべきだ」 夫のみならず、義両親までもリサの味方をすることなく行動はエスカレートする。 「仕事を少し休んでくれる?娘が旅行にいきたいそうだから」 「あの子は大変なんだ」 「母親ならできて当然よ」 シンパシー家は私が黙っていることをいいことに育児をすべて丸投げさせ、義姉を大事にするあまり家族の団欒から外され、我慢できなくなり夫と口論となる。 その末に。 「母性がなさすぎるよ!家族なんだから協力すべきだろ」 この言葉でもう無理だと思った私は決断をした。

インチキ呼ばわりされて廃業した『調理時間をゼロにできる』魔法使い料理人、魔術師養成女子校の学食で重宝される

椎名 富比路
ファンタジー
イクタは料理の時間を省略できる魔法の才能があったが、インチキ呼ばわりされて廃業に。 魔法学校の学食に拾ってもらい、忙しい日々を送る。 仕事が一段落して作業場を片付けていたら、悪役令嬢デボラが学食フロアの隅で寝泊まりしようとしていた。 母国が戦争状態になったせいで、援助を止められてしまったらしい。 イクタは、デボラの面倒を見ることに。 その後も、問題を抱えた女生徒が、イクタを頼ってくる。 ボクシングのプロを目指す少女。 魔王の娘であることを隠す、ダークエルフ。 卒業の度に、変装して学生になりすます賢者。 番長と生徒会長。 イクタと出会い、少女たちは学び、変わっていく。

愛される王女の物語

ててて
恋愛
第2王女は生まれた時に母をなくし、荒れ果てた後宮で第1王女とその義母に虐められていた。 周りは彼女を助けない。国民はもちろん、国王や王子さえ… それは彼女の生存を知り得なかったから。 徹底的に義母が隠していたのだ。 国王たちは後宮に近づくこともしなかった。 いや、近づきたくなかった。 義母とその娘に会いたくなくて、出来るだけ関わらないようにしていた。 では、そんな中で育った誰も知らない第2王女を偶然に出会い見つけたら…? 第1章→家族愛 第2章→学園

この度、仮面夫婦の妊婦妻になりまして。

天織 みお
恋愛
「おめでとうございます。奥様はご懐妊されています」 目が覚めたらいきなり知らない老人に言われた私。どうやら私、妊娠していたらしい。 「だが!彼女と子供が出来るような心当たりは一度しかないんだぞ!!」 そして、子供を作ったイケメン王太子様との仲はあまり良くないようで――? そこに私の元婚約者らしい隣国の王太子様とそのお妃様まで新婚旅行でやって来た! っていうか、私ただの女子高生なんですけど、いつの間に結婚していたの?!ファーストキスすらまだなんだけど!! っていうか、ここどこ?! ※完結まで毎日2話更新予定でしたが、3話に変更しました ※他サイトにも掲載中

ガリ勉令嬢ですが、嘘告されたので誓約書にサインをお願いします!

荒瀬ヤヒロ
恋愛
成績優秀な男爵令嬢のハリィメルは、ある日、同じクラスの公爵令息とその友人達の会話を聞いてしまう。 どうやら彼らはハリィメルに嘘告をするつもりらしい。 「俺とつきあってくれ!」 嘘告されたハリィメルが口にした返事は―― 「では、こちらにサインをお願いします」 果たして嘘告の顛末は?

嫌われ者の側妃はのんびり暮らしたい

風見ゆうみ
恋愛
「オレのタイプじゃないんだよ。地味過ぎて顔も見たくない。だから、お前は側妃だ」 顔だけは良い皇帝陛下は、自らが正妃にしたいと希望した私を側妃にして別宮に送り、正妃は私の妹にすると言う。 裏表のあるの妹のお世話はもううんざり! 側妃は私以外にもいるし、面倒なことは任せて、私はのんびり自由に暮らすわ! そう思っていたのに、別宮には皇帝陛下の腹違いの弟や、他の側妃とのトラブルはあるし、それだけでなく皇帝陛下は私を妹の毒見役に指定してきて―― それって側妃がやることじゃないでしょう!?