魔族を助けるような女は聖女じゃないと言われ婚約破棄された私は、魔王と共に歩む事にしました

銀河聖王国において癒しの力を発揮し多くの人々を救い、聖女と称えられた少女、セイナ・ルー・クォヴーシ。
しかし国民から愛されたセイナは、とある事件がきっかけで聖女の称号を剥奪されることとなる。

その理由は、宇宙魔族の青年の命を救ったこと。

魔族の命に価値など無い。存在するだけで害悪、邪悪である。
そんなものを救える力が聖なる力であるはずがない。
そう糾弾されたセイナは、処断こととなる。
そんな彼女の前に現れたのは、セイナがかつて救った魔族の青年、魔王アスマ・ダイウだった。
セイナを守り戦おうとするアスマ。

そしてセイナは、ひとつの決断をする――

これは、追放された聖女と、魔王の青年の、ただの恋の物語。
24hポイント 14pt
小説 29,198 位 / 148,507件 恋愛 13,303 位 / 46,809件