忘れられた妻

結婚初夜、チネロは夫になったセインに抱かれることはなかった。
セインは彼女に積もり積もった怒りをぶつけた。

「浅ましいお前の母のわがままで、私は愛する者を伴侶にできなかった。それを止めなかったお前は罪人だ。顔を見るだけで吐き気がする」

セインは婚約者だった時とは別人のような冷たい目で、チネロを睨みつけて吐き捨てた。

「3年間、白い結婚が認められたらお前を自由にしてやる。私の妻になったのだから飢えない程度には生活の面倒は見てやるが、それ以上は求めるな」

セインはそれだけ言い残してチネロの前からいなくなった。

そして、チネロは、誰もいない別邸へと連れて行かれた。

三人称の練習で書いています。違和感があるかもしれません
24hポイント 3,862pt
小説 544 位 / 104,693件 恋愛 305 位 / 29,388件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

家に住み着いている妖精に愚痴ったら、国が滅びました

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:26861pt お気に入り:9984

ほのぼの生きますか

n-n
ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:142pt お気に入り:3863

〖完結〗私は旦那様には必要ないようですので国へ帰ります。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:7873pt お気に入り:3947

穏便に婚約解消する予定がざまぁすることになりました

恋愛 / 完結 24h.ポイント:1909pt お気に入り:1700

家族に売られた令嬢は、奉公先で溶けるほど甘やかされてます。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:113281pt お気に入り:8891

旦那様は元お飾り妻を溺愛したい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:18951pt お気に入り:2829

異世界まったり冒険記~魔法創造で快適無双~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:170pt お気に入り:3870

婚約者の恋人

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:77788pt お気に入り:6638