忘れられた妻

結婚初夜、チネロは夫になったセインに抱かれることはなかった。
セインは彼女に積もり積もった怒りをぶつけた。

「浅ましいお前の母のわがままで、私は愛する者を伴侶にできなかった。それを止めなかったお前は罪人だ。顔を見るだけで吐き気がする」

セインは婚約者だった時とは別人のような冷たい目で、チネロを睨みつけて吐き捨てた。

「3年間、白い結婚が認められたらお前を自由にしてやる。私の妻になったのだから飢えない程度には生活の面倒は見てやるが、それ以上は求めるな」

セインはそれだけ言い残してチネロの前からいなくなった。

そして、チネロは、誰もいない別邸へと連れて行かれた。

三人称の練習で書いています。違和感があるかもしれません
24hポイント 37,097pt
小説 89 位 / 101,309件 恋愛 64 位 / 27,768件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

愛を教えてくれた人

ライト文芸 / 連載中 24h.ポイント:28700pt お気に入り:260

実家から絶縁されたので好きに生きたいと思います

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:50354pt お気に入り:9924

魔王様、溺愛しすぎです!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:4239pt お気に入り:3558

二人の妻に愛されていたはずだった

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:211141pt お気に入り:6922

我が家の居候を選んだのは婚約者様、あなたご自身ですよ?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:202939pt お気に入り:7754

そんなに嫌いなら、私は消えることを選びます。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:293827pt お気に入り:7822

彼の執着〜前世から愛していると言われても困ります〜

恋愛 / 完結 24h.ポイント:6326pt お気に入り:1018

(完結)不遇の人形王妃は三語しかしゃべれません。

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:156016pt お気に入り:2345