神さまは詰めが甘い

バレンタインデーを控えたある日、ショッピングモールに特設された恋愛成就の神社で、面食いの望は美形の彼氏ができることを神に願った。
その帰り道、川の土手を歩いていると、何かにつまずいてしまう。
望が足元を見てみると、そこには望の想像を遥かに凌駕するほどの超絶な美形男性が倒れていた。

小説家になろうさんにも投稿しています。
24hポイント 35pt
小説 10,543 位 / 55,618件 恋愛 3,600 位 / 13,231件