羽根くんと僕 編集版

父の後輩の羽根くんが僕の父のことが好きなんだろうなと気がついたのは、いつだったか。羽根くんはいつも眩しそうに優しい目で父を眺めていた。
僕は羽根くんを父に似たこの身体で誘惑する。僕の手の形は父に似ている。僕の肌の色合いも父に似ている。そして僕の性器は…..。ショタとおじさんハピエンです。精神的ショタ攻め。リバでR-18の性描写あります。完結済。改稿して投稿しています。他サイトで小話の追加はあるかも。
24hポイント 14pt
小説 17,151 位 / 73,990件 BL 2,856 位 / 6,695件