赤い果実の滴り

私は母と父の屋敷に住んでいた。父には妻が何人もいて、私には異母兄弟姉妹が沢山いた。母は異国出身で、この国では目立つ特徴的な容貌をしており、魔女扱いをされていた。
その母が寝たきりとなり、私を守るものは無くなった。私は異母兄弟の玩具となり、母に似た自分の身体を呪った。呪いは私を縛りつけた。

性の呪縛と解放の話です。R18肌色仕様です。短編です。性行為シーンには※をつけます。
24hポイント 0pt
小説 105,781 位 / 105,781件 恋愛 29,912 位 / 29,912件