階段を上る男

 私は一段一段、確かめるように、ゆっくりと階段を上っていった。
 いくつかの踊り場を曲がった時、階段に座る人の姿が、私の目に飛び込んできた。
 この閉ざされた空間で人に会うと考えもしていなかった私は驚いた。
 階段に座っているのは、セーラー服姿の少女だった。
 俯いていた少女がちらりと私を見た。
 感情のない、暗い陰りを帯びた目だった。
 すぐに少女は私への関心を失ったように、何もない床へと視線を落とした
 私も特別その少女にそれ以上の関心はなく、階段を上り続けた。
24hポイント 0pt
小説 110,879 位 / 110,879件 大衆娯楽 3,703 位 / 3,703件