【完結】目立つ妹に婚約者を取られそうになった地味姉だけど、婚約者が意外に気が強かった件

父の再婚相手の義母と義妹はだんだん態度が大きくなっていく。連れ子グロリアに婚約者のアーノルドをねらわれて、家に閉じ込められてしまったアマリア。そうしている間にも、変人、ブスという印象操作を社交界で広げられてしまう。だけど、ぶれない婚約者アーノルドは……  超テンプレ(ただし当社比)3万字くらい
24h.ポイント 191pt
411
小説 6,071 位 / 187,435件 恋愛 2,691 位 / 56,790件

あなたにおすすめの小説

ストーカー達から逃げる場所がない!私は普通の生活が送りたいのに!!

ててて
恋愛
小さいころから付きまとわれている幼馴染、響也から逃げるため父の転勤を機に全寮制の高校へ逃げた! やっとこれから普通の高校生活が送れると思った矢先。 「はい、編入生を2人紹介します。」 「野口響也です。隣は川本詩春。しーちゃんは俺のなんで、手を出さないでください。」 「…なんでいるのよ!?」 自覚なし美人女子高生が、ストーカー型イケメン幼馴染から逃げられないお話。 その後、ストーカーがもう1人増えて、囲まれる話。 思いつたので書きました。 更新未定

政略結婚の約束すら守ってもらえませんでした。

克全
恋愛
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。 「すまない、やっぱり君の事は抱けない」初夜のベットの中で、恋焦がれた初恋の人にそう言われてしまいました。私の心は砕け散ってしまいました。初恋の人が妹を愛していると知った時、妹が死んでしまって、政略結婚でいいから結婚して欲しいと言われた時、そして今。三度もの痛手に私の心は耐えられませんでした。

黒猫令嬢は毒舌魔術師の手の中で

gacchi
恋愛
黒色は魔女の使いというお伽話が残るフェリアル王国で、黒髪に生まれた伯爵家のシャルリーヌは学園にも通えず家に閉じこもっていた。母はシャルリーヌを産んですぐに亡くなり、父は再婚して二つ下の異母妹ドリアーヌがいる。義母と異母妹には嫌われ、家族の中でも居場所がない。毎年シャルリーヌ以外は避暑地の別荘に行くはずが、今年はなぜかシャルリーヌも連れてこられた。そのせいで機嫌が悪いドリアーヌに殺されかけ、逃げた先で知らない令息に助けられる。ドリアーヌの攻撃魔術から必死で逃げたシャルリーヌは黒猫の姿になってしまっていた。多分、いつもよりもゆるーい感じの作品になるはず。

愛しています!婚約破棄してください!

tartan321
恋愛
「お金だけで婚約したと思った?本当に愛しているんだよ!」 貴族パーティーで盛大に婚約破棄された令嬢アナトールと、可憐な少女ジュリアの対決。アナトールの恋の行方は?ジュリアの真意とは? 定番(?)ではない物語かもしれません。 一度リセットいたします。もう間も無く再開します。もう少しお待ちください。 追記 1月23日再開しました。

この度、仮面夫婦の妊婦妻になりまして。

天織 みお
恋愛
「おめでとうございます。奥様はご懐妊されています」 目が覚めたらいきなり知らない老人に言われた私。どうやら私、妊娠していたらしい。 「だが!彼女と子供が出来るような心当たりは一度しかないんだぞ!!」 そして、子供を作ったイケメン王太子様との仲はあまり良くないようで――? そこに私の元婚約者らしい隣国の王太子様とそのお妃様まで新婚旅行でやって来た! っていうか、私ただの女子高生なんですけど、いつの間に結婚していたの?!ファーストキスすらまだなんだけど!! っていうか、ここどこ?! ※完結まで毎日2話更新予定でしたが、3話に変更しました ※他サイトにも掲載中

身勝手な婚約者のために頑張ることはやめました!

風見ゆうみ
恋愛
ロイロン王国の第二王女だった私、セリスティーナが政略結婚することになったのはワガママな第二王子。 彼には前々から愛する人、フェイアンナ様がいて、仕事もせずに彼女と遊んでばかり。 あまりの酷さに怒りをぶつけた次の日のパーティーで、私は彼とフェイアンナ様に殺された……はずなのに、パーティー当日の朝に戻っていました。 政略結婚ではあるけれど、立場は私の国のほうが立場は強いので、お父様とお母様はいつでも戻って来て良いと言ってくれていました。 どうして、あんな人のために私が死ななくちゃならないの? そう思った私は、王子を野放しにしている両陛下にパーティー会場で失礼な発言をしても良いという承諾を得てから聞いてみた。 「婚約破棄させていただこうと思います」 私の発言に、騒がしかったパーティー会場は一瞬にして静まり返った。

友人の恋が実りますように。

しゃーりん
恋愛
伯爵令嬢クラリーチェは友人である侯爵令息アマディオの恋を応援している。 アマディオの想い人は第二王子殿下フレデリックの婚約者である侯爵令嬢セレンティア。 二人は明らかに仲が良くないのだが、国王陛下が決めた婚約であることから婚約解消が難しい。 孤立しているセレンティアを見て、アマディオはフレデリックに婚約解消を言わせると言い出す。 その方法はセレンティアが浮気していると思わせることだという。 そんな上手いこといくかな?と思いながらも友人の恋のために手助けするお話です。

〖完結〗その愛、お断りします。

藍川みいな
恋愛
愛する人と結婚して一年、幸せな毎日を送っていた。それが、一瞬で消え去った…… 彼は突然愛人と子供を連れて来て、離れに住まわせると言った。愛する人に裏切られていたことを知り、胸が苦しくなる。 邪魔なのは、私だ。 そう思った私は離婚を決意し、邸を出て行こうとしたところを彼に見つかり部屋に閉じ込められてしまう。 「君を愛してる」と、何度も口にする彼。愛していれば、何をしても許されると思っているのだろうか。 冗談じゃない。私は、彼の思い通りになどならない! *設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。