僕らの掌に詰まっているのは銅貨

目覚めると見知らぬ森にいた____。
年齢も、自分の名前さえ思い出せない状況下で僕らはある街にたどり着く。
そこは見たこともない文化で溢れる辺境の街だった。
その街で僕らは、“モンスター”を狩ることを決意する。

生きていくために、
自分のことを知るために、
僕らは前へ進まなければならない。

ユッタの意味、ときおり見える記憶のカケラ。
そして本当の真実を知ったとき、掌に掴むのは希望か、それとも絶望か。

銅貨を握りしめ、僕らは今日も生きて行かねばならない。

たとえ、どんな逆境に打ちひしがれようとも_____。
24hポイント 0pt
小説 106,011 位 / 106,011件 ファンタジー 28,061 位 / 28,061件