狼少女と復讐者

ある日のホームルームの時間、突然現れた魔法陣によって、蛍のいるクラス全員が異世界に迎えられた。
目を開けると、知らない部屋にいた彼らを待っていたのは、現在、戦争中の国家デュルデート王国の王様とその臣下達であった。右も左も分からない生徒達に、王様はいきなり──

「戦争に勝つために協力して欲しい」

と、協力を求めてきた。

しかし、平凡な生活をしていた学生には「そんなことは出来るはずがない!」と思っていたが、召喚される際に、神から『称号』と『技能』が与えられていたのだった。
異世界で知らない間にチートが備わり、みんなから驚かれ、尊敬され、幸せ生活を送る。

────はずだった……。はずだったのだが、クラスがチート能力を授かった中、何故か蛍だけは『称号なし』、『技能なし』の無能だった。それを見かねた王様はゴミ扱いにして、奈落の底──つまりは魔界へと叩き落とした。

しかし、蛍は「必ずこの報いを返してやる!」という心意気だけで、負けずとなんとか生き伸びようとサバイバル生活を送っていた。

そんなある日のこと。獣耳、尻尾──俗に言う亜人という姿で産まれため、族を追い出された狼少女のユイと出会う。
24hポイント 0pt
小説 64,263 位 / 64,263件 ファンタジー 20,062 位 / 20,062件