歯車の本

 歯 時とは不変で、直線的な概念に他ならない。しかし書物――本は相違である。時はただ前進し本は遡る。時を留め、或いはその中に独自の時を描き出すのが本であり、それは直線的ではなく変動し、流動する。中身にせよ、読み手の読み方にせよ、即ち本の中の時は、本来の時の在り方とは根本的に異なるのである。
 しかし、ここにそうではない本が一冊ある。日毎、事毎に中身を変え、どこから読んだとしてもその中身を直線的に伝える本、それが『歯車の本』である。
 読み解く持ち主は少女ミシェル、本の短針は時を告げ、長針は――


ボツネタとボツネタを適当に混ぜてみたら行けるんじゃね?的な感じで書いてます、多分すぐ終わるかと。
書きたいネタあるのに私の執筆速度じゃそこまでたどり着くのに恐らく長い、ということでここで消化しときたかったってのもあります。
24hポイント 0pt
小説 83,750 位 / 83,750件 SF 2,665 位 / 2,665件